健康・美容・ダイエットにも効果的!?大豆ミートの魅力と使い方

料理
スポンサーリンク

こんにちは。

nariです。

皆さん、ダイエットを1回は経験したことありませんか?

〇〇ダイエットと同じものばかり食べて痩せるダイエット法・・・

私も何度かしたことがありますが、結局続かないですよね?

また、出産後思っていたように体重が減らない・・・

むしろ増えていってる!?というような産後ダイエットにお悩みのママさん、

妊娠中の体重コントロールにもオススメです。

普段の食事に取り入れて、”食べて健康的に痩せてきれいになれる!!”大豆ミートをご紹介します。

そして何といっても家計に優しい!主婦の味方。

ダイエットする時、自分だけが違うものを食べて、家族は違うものを食べる。

それを横目でうらやむ・・・

という事もありません。

家族と別々に準備する必要もありません!

自分だけが健康的に痩せてきれいになるのではなく、家族みんなでおいしく食べて健康になれるのです!

そんな大豆ミートの魅力と使い方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

大豆(ソイ)ミートとは?

大豆ミートとは、その名通り大豆が主な原料となっている”お肉もどき”です(≧◇≦)

売られているほとんどが100%植物性です。

大豆の油を搾りだして、加熱と加圧されて加工されたものが大豆ミートなのです。

魅力①ダイエットに最適!

大豆は、高たんぱくで低カロリーの食材としても知られていますよね。

しかも大豆ミートは、大豆油が搾り取られているので、その分さらにカロリーダウン!

牛肉と比較するとカロリーが約1/4程度にまで抑えられますし、先程述べたように、脂質が大幅にカットされるので、ダイエット食品としても健康食品としてもオススメなのです。

魅力②健康にいい

そもそも大豆にはコレステロールが含まれていません。

また、ミネラルや糖質の代謝を助けるビタミンB1も含まれています。

不足しがちな栄養素がしっかり摂れるので、本当にスーパーフードですよね!

特に、コレステロールが気になる方や、生活習慣病予防のためにも最適な食材です。

また、大豆は食物繊維が多く含まれているので、便秘予防やコレステロール値を下げたり、血糖値の上昇を抑える効果があるという事も分かっています。

パパはメタボ健診で引っかかっていませんか?

topless man in blue denim jeans

脂質を控える食事にすることってなかなか難しいですし、何より美味しくないと続けられないですよね。

後程ご紹介しますが、大豆ミートに完全に置き換えるのではなく、普段の食事に取り入れることで、抵抗なく食べることができるのです。

魅力③美容効果も高い

皆さんご存じの方も多いと思いますが、大豆には”大豆イソフラボン”といわれる成分が多く含まれています。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと構造がよく似ているため、不足したホルモンの補助的な役割として働いてくれます。

その結果、更年期障害やそれに伴う骨粗鬆症の予防、コレステロールを抑えたり、コラーゲンを増やしてくれるので、美肌にも効果的だと言われているのです。

女性にとって、積極的に取り入れたい食品ですよね!

魅力④グルテンフリー

大豆ミートの多くは、グルテンフリーです。

グルテンは分解されにくく、消化不良や腸への負担(便秘や下痢など)をかけてしまうことがあります。

小麦粉を控えられている方にも、また小麦アレルギーのあるお子さんも安心して使える食材です。

中には、小麦粉を使用しているものもありますので、購入時には表示をしっかり確認してくださいね。

魅力⑤家計に優しい

大豆ミートは乾燥タイプのものがほとんどです。

私はいつもミンチタイプの乾燥大豆ミートを使っているのですが、乾燥タイプは湯戻しが必要になります。

いつもはニチエーの大豆ミートを使用しているのですが、今回は、初めてグリーンズベジタリアンの大豆ミートを購入してみました。

湯戻し不要や味付きのもの、ブロックタイプやフィレタイプなど形状も色々もあるので、用途に合わせて使いやすいものを選んでくださいね。

乾燥タイプは、長期保存も可能ですし、常備しておくと大変便利です。

実際に、ミンチタイプの湯戻し前後で量がどれくらい変わるのか計測してみました!

湯戻しすると約3.5倍に増えました!!!

だいたい1kg1500円程なので、100gあたり約35円(グリーンズベジタリアンの場合)の計算になりますよね!

※ニチエーは3倍になると表記があるので、700g900円ですので100gあたり約27円ですね!

牛肉・豚肉・鶏肉ミンチよりも格段にコストが抑えられます!

量が多いものを購入される場合は、残りをジッパー付きの保存袋にいれて、高温多湿を避けた場所で保管しておくといいです。

中には、もともとジッパー付き袋に入って売られているものもあります。

大豆ミートの戻し方

①沸騰させたお湯で3~4分ほど加熱して湯戻しをします。

※購入された商品によって、微妙に加熱時間が異なりますので、表示通りに湯戻しして下さい。

②ザルにあげて、よく洗います。水が濁らなくなるまで流水でしっかりと洗います。

③洗ったらザルに挙げて、上から体重をかけてギュー―――ッと水切りをします。

※ここでしっかりと水切りをしておくことがポイントです!

使わない分はジッパー付きの保存袋に平らになるように入れて冷凍保存しておきます。

冷凍庫に入れて2時間ほどしたら一度ほぐしておくと、より使いやすくなります。

使う前に冷蔵解凍しておいた方がもちろん使いやすいのですが、私は結構冷凍したまま使います。

しっかり水切りした後に、油で揚げておくと油分が加えられるので肉っぽくなるそうですが、私は面倒なのでしたことがありませんし、脂質カットになりませんからね(^_^;)

全然しなくても問題ありません(´Д`)

大豆ミートの使い方

やはり肉と比較するとあっさりしていますし、大豆の香りも強いので、まずは牛肉・豚肉・鶏肉のいずれかのミンチに混ぜて使うことをオススメします。

私も、初めて使ったときは半々にしました。ふろふき大根にオール大豆ミートでそぼろあんかけにしたら、子どもは少し食べづらかったようです。

我が家では、メニューにもよりますが、肉:大豆ミート=1:2~3(ハンバーグなどつくね状にする時)、1:4ぐらい(麻婆豆腐やミートソースなど味の濃いもの)の割合にして使っています。

混ぜて使うことで、抵抗なくお料理に使えますし、

比較的濃い味にすれば、あまり気にならないかと思います。

混ぜて使っても、全部肉より大幅にカロリーダウンしますので、まずは少量ずつ試してみることオススメします(*´▽`*)

もちろん肉の代わりにすべて大豆ミートにしてもOKです!

大豆ミートを使ったレシピ

私が今まで作ったものは、

・麻婆豆腐

・ミートスパゲッティ

・ハンバーグ

・餃子

・ロールキャベツ

・肉みそ

・カレー  などなど

それ以外にも炒め物に使ったり、チャーハンやケチャップライスにも。

とにかく普段のレシピ通りで、肉の代わりに大豆ミートを使えば大丈夫です。

ちなみにブログを書いている今日は、クリームパスタのクリームソースが余っていたので、市販のレトルトミートソースに大豆ミートをプラスして、ラザニア風にしました(≧▽≦)

手を抜くことに全力を注いでいる映えん飯ですが、よろしければ参考にして下さい(^_^)v

ただし、超適当なので、ご家庭の味にアレンジしたり調整してくださいね♡

<フライパンラザニアもどき>

〇材料

  • クリームソース余りもの(なければ市販のもの)
  • 激安レトルトパックのミートソース2袋 1袋78円(笑)
  • じゃがいも1袋
  • 大豆ミート
  • 餃子の皮30枚入り(余りでOK!)
  • ピザ用チーズ
  1. フライパンにオリーブオイルをひいて、スライスしたじゃがいもの半分を敷き詰める
  2. クリームソース半分を上からかける
  3. 餃子の皮を敷き詰める数枚重なってOK!
  4. ミートソース半分と大豆ミートをかける
  5. じゃがいも→クリームソース→餃子の皮→ミートソース&大豆ミートをもう1回
  6. 火にかける。最初は中火でグツグツしたら弱火で15分から20分
  7. 最後にピザ用チーズをかけて弱火にしてチーズが溶けたらOK!

↑こんな感じです。

↑出来上がり♡フライパンのままドカーンッ!!!

いっこも映えてないけど、超簡単です♪他にもナスやらキノコやら冷蔵庫にあるものをぶち込んでしまっても大丈夫でしょう(^o^)丿

敷き詰めて、上からソースぶっかければあとは放置(*^▽^*)

大豆ミートなので脂っこくなくて、あっさり優しい味です!パンチが欲しかったらお好みでブラックペッパーやタバスコかけるとGoodです!

よかったら是非作ってみてくださいね♡

手抜きされない方は、1つずつ耐熱皿にいれてオーブンに入れて作って下さい(^^♪

チーズに焦げ目なんかついちゃって格段においしさアップすること間違いないですね!

やりませんけど( ̄д ̄)

まとめ

大豆ミートの魅力がお分かり頂けましたでしょうか。

高たんぱく・低カロリーでグルテンフリー

さらに栄養満点!

ダイエットはもちろん、美容や健康にいい!

そして何といっても低コストなので家計に優しい!

そして家族みんなで食べることができる!

使わない理由あります!?

面倒だけど、湯戻しだけは頑張ってやってくださーい(^_^;)

少量ずつからでもいいので、是非普段の食生活に取り入れてみてくださいね(^^♪

最後まで読んで下さり

ありがとうございました<m(__)m>

タイトルとURLをコピーしました